2010年7月26日月曜日

大人しいは作れる

昨日に引き続き、今日も全体画像+αでお送りします(^ω^)
締まりの無い全体画像で申し訳無い…。

マクロットパイソンの真木ちゃんは2008CBの2年の飼い込みで我が家にやってきました。
マクロットパイソンというとWCが多くて荒い、みたいなイメージがありますが、どうやらCB化されたマクロットパイソンは大人しいようです。
ただし、リアシスによくある大食漢な性格のせいで、手を餌と間違えられて咬まれるってのは日常茶飯事らしいです。

マクロットパイソンの模様は首元から全体にかけて、腹板と同じ様な色のスポットが入ります。
それだけでも見ていて綺麗なのですが、やっぱりリアシス特有の金属光沢ですね。
真木ちゃんを見ていった友達からは「宝石みたいだね!」との評価を頂いております。

フルアダルトでもそこまでの大きさになりませんし、大人しいのであればコロニジの様な良い抱きヘビになるのじゃないでしょうか。
今でこそスレンダーな真木ちゃんですが、いつかムッチリモッチリな子になってくれる事でしょう。

マクロットパイソンのネックはなんといってもその気性の荒さというイメージがありますが、根気よくずっと触り続けていたらめちゃくちゃ大人しくなったっていう個体の例もありますし(8160さん直リンク失礼;;)
うちの真木ちゃんもよく触っていたらうちに来た当初よりもよく慣れてきました。
大人しいは作れるって事ですね(^q^)

0 件のコメント:

コメントを投稿