2011年1月24日月曜日

蛇咬時撮影症

まぁ、ガッツリ咬まれたよね。


虫の居所が悪かったようで。
チビなのでほとんど痛みはないが、
やっぱりヘビに咬まれると傷口の割には血が出ますよね。

どうしてかヘビ飼育者って、
咬まれたら写真に撮りたがる気がする。
自分も例外では無いのですが…。
荒くていつも咬まれてるならまだしも、
大人しい個体であるほど狂喜乱舞して撮りたがるよね。
蛇咬時撮影症と名付けましょう。


咬まれたとか言ってるけど、
我が家一頭だけになってしまったアルバーティスパイソンの小春ちゃんは
相変わらず大人しいですよ。


まだまだ赤ちゃん顔ですが、長さ1mはあります。


全体は入ってないけど、今の大きさはこんなもん。
餌食いも宜しいので、着々と大きくなってきてます。
あと頭の大きさがついてきてくれれば文句無し。

0 件のコメント:

コメントを投稿