2011年4月3日日曜日

Miracle of the North

アルバーティスパイソンの小春が脱皮。

キミカじゃないけど青光りー。

しばらく持ってれば何しても怒らないという北部産なのに奇跡のような子。
まぁ咬まれても当たり前っていう体で飼ってるから、
咬まれても文句は言えないんですけど。
それでもファーストタッチはいつもドキドキ。

じわりじわりと大きくなってきて今まで入ってた水入れタッパーでは収まりきらなくなり、
水入れのタッパーも大きいものに昇格。。
ひたすら縦に伸びてくれるので体型は細いですけども。
太さが出てくるのはもうちょっとあとかな。

それにしても脱皮直後はホワイトチップが綺麗。

0 件のコメント:

コメントを投稿