2011年5月29日日曜日

Risk Always Side By Side

アルバーティスパイソンの小春。

ハンドリングが一番楽しい子。

手触りが良いっていうのがひとつ。

あとはうちのヘビで触って怒る子なんてそうそういないんだが、
やっぱり小春はアルバーティスなだけあってか、
ちょっと気に障る触れ方をするとプシューっと噴気音ならして不満を漏らします。

まぁ何も不満を漏らさず淡々とハンドリングされてる子もステキなんだけど、
ちゃんとどこが嫌か反応してくれる子はちょっとスリリングで楽しい。
それでも小春はアルバーティスの中でも大人しいと思うので
アルバーティスにしてはハンドリングしてる側もされてる側も
安心しきってハンドリングしてる気がする。

それにこっちに向かってくるときのこのワンコ顔も好き。

0 件のコメント:

コメントを投稿