2011年9月14日水曜日

Bug's World

山梨にいた時に撮った虫。

牧場とかによくいるハエ。

キンバエ。
ハエ界のイケメン。

 ハナアブ。

たぶんハナバチ。

キイロスズメバチ。
こええ。

ムネアカオオアリ。
何かをせっせと運んでらっしゃる。

バッタ小。

バッタ大。

緑色の蜘蛛。

水に落ちていた所を助けた蜘蛛。
ちょっと放心状態。

ちょんまげ。

コイツ訳わからないくらいカッコイイんだけど。
尾の形状からして刺すんだろうけど、サソリっぽくて燃える。
こいつの正体をすごく知りたい。


雨で中々思うように行かなかったけど、それでもそれなりに虫はいるもんだなぁと。

2 件のコメント:

  1. 最初のハエはニクバエの仲間。アブはアシブトハナアブ(メス)。次はトラマルハナバチ。バッタ小はヒシバッタの仲間。バッタ大はヒナバッタの仲間。緑色のワカバグモ(メス)の次がコモリグモ、名前の通り子守をする、ファーブル昆虫記にも登場したクモです。ちょんまげはムシヒキアブの仲間。昆虫を捕らえる吸血性昆虫ですが、人の血は吸わない。最後のはシリアゲムシ、雄が雌にプレゼントをするディスプレイ行動が有名。

    返信削除
  2. 分かりやすく教えてくださってありがとうございます!

    バッタは小さいのと大きいのでは種類が違うのですね。
    同種だと思っていました。

    ちょんまげはハエの仲間かと思っていたのでアブと聞いてちょっとびっくりしましたw

    返信削除