2012年1月10日火曜日

Python Constrictor

サブタイトルに一応リアシスとか書いてあるので新年初リアシスでも。

はい。サブパイソンです。
サブタイトルとかけただろというツッコミは無しです。

なんだかんだでこいつが始めて買った蛇なわけですが、出会ってから二年を過ぎました。
相変わらず飛んで来るしハンドリングは腕が鬱血します。
誰だ、サブが大人しいなんて言ったのは!

大きさはうちに来た当初より毛が生えた程度ですが、
鱗の質感に貫禄が出てきたものです。
なんだお前かっこいいぞ。

そういえば180cm超えのサブが入荷してたらしい。
それは最早バケモノでは。

サブが2m近くまで余裕で成長する蛇だったらもっと人気が出たに200ペリカ。
しかし首に巻いて絞め殺される飼育者が多発するに20000ペリカ。

これからサブパイソンを飼いたいという人達へ。
小さいからといってこいつらの絞めつける力をナメてはいけない。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    ヘビの絵を描きたくて検索でたどり着きました。
    ヘビの写真の素晴らしさと、ブログの面白さに
    ハマりました。。

    黒いヘビのウロコ、虹色に輝くんですね!
    知らなかったです。めちゃめちゃ美しいです。

    返信削除
  2. Akieさん、はじめまして。
    コメントのお返しが遅くなりまして大変申し訳ございませんorz

    まだまだ写真は下手くそなので大して上手く撮れませんが、蛇の美しさが少しでも伝わったのなら本望でございます!
    蛇の色もありますが、鱗の質が光り輝くポイントであります。

    返信削除